ウーマン

方法を知る

ナース

代表的ないぼ除去方法

病院が採用しているいぼの切除方法は色んなものがあります。種類はあっても、術中に感じる刺激はそれぞれ異なりそうな印象を受けてしまいます。しかし、ほとんどの切除方法では、局所麻酔を施すので、刺激は比較的少なめです。こちらでは、いぼの切除方法で一般的に行なわれているものをいくつか紹介します。

細胞を急激に冷やして壊死させる

ポピュラーな切除方法では、冷凍凝固法が挙げられます。用いる材料は195℃以上まで冷やした液体窒素。それをしみこませた綿棒や綿を患部にあてて冷やして細胞を壊死させてから医療用ハサミでいぼを切除します。患部周辺の皮膚も切り取るので、後々縫合と経過観察が必要になります。

負担が少ないレーザー

極力、あざを作りたくないなら、レーザー治療を受けるのがおすすめです。病院で使用されているのはCO2レーザーで、皮膚細胞内にある水分を熱エネルギーに変換して患部を焼き切ります。この施術方法の利点は、熱凝固作用により切り取った箇所からの出血が最小限に抑えられるところです。ただし、レーザーの場合は小さいサイズのいぼならすぐに切除出来ますが、サイズが大きい場合は複数回に分けて施術を受けなければ除去は難しいです。

レーザーと同じくらい負担が少なめ

傷跡も目立ちにくいいぼ切除方法では、電気メスを用いたものも挙げられます。電気メスの電熱で患部を焼き切る方法なので上記のレーザー治療と同様、周辺の血管を熱凝固作用ですぐに固めるので出血が比較的少なめなのです。

出来た箇所によって変える

いぼが出来た箇所や数、大きさによって適した切除方法が異なります。顔に出来たものなら、極力傷跡を残さないためにレーザーで切除するのがおすすめです。体の中でも目立ちにくい場所なので、多少なり傷跡が残っても大丈夫だと思ったところは冷凍凝固法を選ぶなど、適材適所で療法を使い分けるのが望ましいです。